中小企業のWebマーケティングを考えるメディア

今や建設業に必須?BIMとその進化についての最新レポート!

建築業界で進むICT技術利用は、設計、施工のワークスタイルを効率的に変化させています。特に建築部材の選定や施工計画、コストなども含めた総合的な3次元モデリングが可能なBIMは、建築・設計業者だけでなく、クライアントへの説明や確認にも大きな効果を発揮しています。
ここでは、建設業に必須となっているBIMの基本と、建設業でのBIMの活用状況やVRなどを用いた進化についてご紹介します。

そもそもBIMとは?

BMIは「Building Information Modeling」の略称です。設計図面の3次元図形処理を行うCADと違って、建物の設計や構造計算だけではなく、情報管理に必要な設計・施工・管理情報も含めた一元的な管理ができます。このため、建設にかかわる全ての関係者にとって情報共有や意思疎通がよりスムーズとなり、さまざまなメリットが生まれています。

Vectorworks als BIM-Anwendung

【BIMのメリット1:情報の一元管理で設計・施工の手間やミスを軽減できる】

BIMモデルの大きな特徴は、平面・立面・配置といった図面から、建具・仕上げにいたるまで、建物の属性情報を細かく表示できることです。ひとつのモデルで一元管理するため、図面間の不整合がなくなって作業効率が向上し、設計・施工ミスの軽減につながります。

【BIMのメリット2:図面の3Dモデル表示でクライアントにも理解しやすい】

建築図面を3次元表示することで、クライアントが理解しやすくなるのもBIMの特徴です。建築物にかかわる入力情報を視覚化することで、発注者、設計者、施行者の意思疎通がスムーズになり、打合せや確認の効率化につながります。

【BIMのメリット3:工事費の計算がしやすい】

BIMでは、入力した情報が数値化されるため、工事費の計算がしやすい点も大きなメリットです。クライアントの希望と予算とをすり合わせていく際に、3次元画像や属性情報を見ながら双方で工事費の理解と検討が可能となります。

生産性の向上のため、建設業ではBIMが活用されている

BIM_IMG

BIMが日本の建築業界で使われ始めたのは、2009年頃です。この動きを受けて2014年に国土交通省は「BIMガイドライン」を策定しました。BIM作成や利用に関する基本的な考え方や留意事項を示し、国が進める生産性向上の手段として普及・発展を促すのが狙いです。こうした国の戦略を背景に、建設業界では生産性向上に不可欠な「省力化」と「高密度化」に有効なBIMの活用が広まっています。

具体的には、3次元チェックシステムによって、部材同士の干渉や過度な接近の確認などを行うことで、会議時間を短縮したり、BIMファイルによる建設申請書の提出を行うことで、図面提出の煩雑さをなくしたりといった動きがあります。また設計図から展開図を同時に作成できる機能を使って、個別に図面を作成する手間を省く、クライアントの理解を早くして、基本設計までの内容の積み重ねで、ほぼ設計内容を確定させるといったことも可能です。

さらに各設計段階にかかわる専門職がデータを共有することで「ひとつのBIMモデル」を作り、設計作業の密度を高め、設計作業を効率よく進めることもできます。

VRやセンサーとの融合など、BIMも進化している

BIMの活用が進むにつれて、クライアントに設計内容をより分かりやすくするための「視覚化」が進んでいます。下記に進化したBIMの具体例を2つ、ご紹介します。

VR_BIM

【設計図面を視覚化して疑似体験】

BIMにVR技術を取り入れたシステムでは、3次元図面の中を実際に歩いているかのような疑似体験ができます。VRデータによって空間体験することで、クライアント側で気が付かなかったニーズの掘り起こしや、イメージの確認にも効果的です。
この他、スマートフォンと専用のゴーグルを使って、場所を選ばずに手軽にVR表示が可能な3D表示がスタートするプレゼンテーション機能など、メーカーによってさまざまなBIMとVRの融合システムが開発されています。

【センサーとBIMデータの活用で室内環境をリアルタイムに把握】

BIMの進化には、センサーを利用した建物管理の省力化もあります。2016年の「第1回スマートビルディングEXPO」で、NTTファシリティーズは、センサー情報とBIMデータから建物の設備状況をリアルタイムに確認できるセンサーとBIMの統合デモンストレーションを行いました。
これはセンサーで取得した情報とBIMの設備データを同時に確認することで、室内環境や設備の稼働状況、利用率などのデータをリアルタイムに把握できるというもの。これによって、建物に関するさまざまな維持管理の最適化・省人力化を図るのが狙いです。

建設業界で進むBIM活用は、設計・施行・建物管理までを、一貫したデータをもとに統轄することができます。近年は、VR技術やセンサー機能との融合で、クライアントの理解や維持管理に役立つサービスも生まれています。地域や建築内容に応じたBIMの活用は、建設業の生産性向上のために今や必須のシステムといえるでしょう。

建設中小に特化したホームページ制作

仕事の波埋めや顧客との直取引で売上アップ!

ホームページ作成や運用といった基礎的なことから、広告運用、人材採用、PR動画作成までWebを使った集客のことなら建設業を中心に3,000社以上のコンサルティング実績のあるブラニューへご相談ください。

サービスについて詳しく

Original

  • ブラニュー株式会社への
    ご相談やお問い合わせはこちら >
  • 関連記事