建設×テクノロジーで産業構造をスマートにするマガジン
RANKING
TAG

動画マーケティング基礎講座「Web動画で得られるSEO効果とコンバージョンとは」

ブラニューではここ数年、マーケティング用のWeb動画制作のご依頼が増えてきました。「これからは動画」「今年は動画元年」と言われ続けていましたが、ようやく動画がマーケティングやプロモーション用ツールとして定着したと言っていいでしょう。

その理由は、光ケーブルをはじめ、容量の大きい動画でも気軽に視聴できる回線速度の速い通信インフラが整備されたこと。そしてスマートフォンが爆発的に広がり、どこでも動画を視聴できるツールが普及したこと。格安SIMなどでスマートフォンのデータ接続料金も下がり、外出先での動画視聴のハードルが下がったことなどがあります。ここ数年で一気に本格的に広がってきたという印象です。

サイバーエージェントが2016年11月に発表した「国内動画広告の市場調査」によると、2016年の動画広告市場は842億円。前年比157%の成長率です。しかも今後5年で3倍以上に拡大すると予測されています。

Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved.
引用:サイバーエージェント公式サイト(2016.11.09)

ただ、動画を巡る環境は変わっても、お客様とお会いして聞かれることは今も昔も変わりません。「動画マーケティングはやってみたいが、どのような効果があるのか?」という質問です。今回はその答えとして、「Web動画を活用すると得られる効果」について、解説していきます。

動画から得られる効果

文字や静止画と動画では、情報量が圧倒的に違います。1分間の動画には、文字情報に換算すると180万字(400字詰め原稿用紙で4500枚)分の情報が詰まっていると言われています。

そのため、動画にはこんな特徴があります。

1. 実際の動きで気を引くことができる
2. 正確で多くの情報を伝えることができる
3. 感情を揺さぶりやすい
4. 記憶に残りやすい

その優位性が、次のような効果に繋がります。

1)コンバージョン(結果)

アメリカの動画マーケティング会社が、Web広告で静止画バナー(文字と写真)と動画バナーの効果を比較したデータがあります。

参考:Degital advertising benchmark report|adform

バナー広告を見てのCTR(クリック率)は静止画バナーより動画バナーのほうがかなり高くなっています。

このように、動画を上手に活用することで、問い合わせや資料請求、申し込みなどのコンバージョンをより多く獲得できる可能性があります。これは、情報量が多く、感情に訴えかけることがしやすい、つまり深くメッセージを伝えることができる動画の特徴です。

2)SEO効果

検索サイトでの表示順位を上げるSEO対策としても、動画はとても優秀なコンテンツです。動画を埋め込んだウェブサイトは、埋め込まれていないサイトに比べて、検索結果1ページ目に表示(10位以内)される確率が50倍以上も上がるとも言われています。

建設会社であれば工事の模様や使用する建機を動画にして信頼性をアピールしたり、リフォーム会社であればリフォーム前後を動画で対比して見せることでプランニング力をアピールしたり、といった施策で、自社への注目度を上げることができます。

3)バイラル(拡散性)

バイラルとは、口コミや話題性で一気に広がりを見せる現象のことです。特にTwitterで多いですが、話題性のある投稿がリツイート(他人の投稿を自分のフォロワーに拡散すること)され、一気に拡がっていくことがあります。その時も、文字や写真より動画のほうが拡がりやすいとされています。

売れない芸人、ピコ太郎の動画「ペンパイナッポーアッポーペン」(PPAP)が、世界有数のフォロワーを持つジャスティン・ビーバーに「お気に入りの動画」としてリツイートされ、週間再生回数世界一になった例がわかりやすいですね。これこそがバイラルです。

事例/解体工事会社が動画の導入で滞在時間を倍に!

ブラニューがコンサルティングしたお客様で、動画を活用してWebマーケティングを成功に導いた会社があります。埼玉県川口市を拠点に関東一円で解体業を営む堤工業様です。

Webサイトのリニューアルでご相談いただいた際、「人材不足なので求人応募者を増やしたい」、「仕事内容をもっと格好良く見せたい」といったご要望をいただき、ブラニューでは目玉施策として、仕事現場を撮影した動画をご提案しました。

トップページのファーストビュー(最初に画面に表示される部分)のほぼ全面を使い、大きな画面で、ビル解体現場での仕事風景が映し出されます。
ぜひ一度、堤工業の企業サイトでご覧ください。


堤工業

大画面に大型重機が活躍する、迫力ある映像が迫ってきます。ブラニューでは、動画以外にも複数のテーマを持ってリニューアルしました。

リニューアル施策

1)滞在時間の強化のため、動画を制作

2)スマートフォンからのアクセス増に対応し、レスポンシブデザインに

3)「川口」「解体」「求人」「転職」の4キーワードを絡ませたSEO対策の強化

4)求職者に向けたサイト内導線の見直し

リニューアル公開から22日後、アクセス解析で調べたところ、狙い通りの効果が確認できました。

まず、求人対策として会社をより深く知ってもらえるよう、サイト滞在時間の長時間化を狙いましたが、期待通り、サイト滞在時間は倍にまで増えています。

そして、セッション数(アクセスしてサイト内を回り離脱するまでが1セッション。店舗への来店者数のようなデータ)も161%増と、しっかり増加しました。


そして、検索順位も上がりました。

一番のターゲットとして考えていた「川口市 解体 求人」は1ページ目まで上昇しました。これで応募者が大きく増えることが期待できます。動画の効果をはっきりと確認できる事例となりました。

まとめ

映像は「総合芸術」だと言われます。画像、文字、演技、音楽など、すべてが詰まっています。それだけに、企画や制作に手間とコストがかかる面はあります。ただ、上手につくって上手に使えば、大きな効果が得られる、力強いツールでもあります。ぜひ動画を御社のマーケティングに取り入れてみてください。

  • この記事が気に入ったらシェアしよう!
    このエントリーをはてなブックマークに追加
  • CONTACT
    お問い合わせ

RELATED

RANKING

BRANU.MAG

  • SOCIAL
© BRANU.MAG
CLOSE