建設×テクノロジーで産業構造をスマートにするマガジン
RANKING
TAG

検索順位が事業拡大の後押しになる。クライアントサイトで行なったSEO対策の成功事例

ブラニューでは、Webサイトを制作することで、クライアントのビジネスをより拡大していけるような施策を日々考えています。なかでも最も力を入れているのがSEO対策。検索エンジンの上位を獲得することで、より多くの人に訪問していただき、コンバーションアップに繋げよう、と考えています。

どんな記事が検索順位の上位の表示されるのか?

数年前までは、検索エンジン(Google)のアルゴリズムを理解し、テクニック的な施策をすることで、検索順位を上げる方法が行なわれてきました。例えば、外部リンクや文字数、不自然なキーワード数などがあり、これらを駆使することで内容の薄いサイトでも上位を獲得できる仕組みでした。しかし、現在では、こうしたテクニック的施策がされたサイトは、検索順位が下がってしまったり、検索してもヒットしなかったりするなど、ペナルティの対象となってしまうことをGoogleが認めています。なぜなら、Googleの理念が「全てはユーザーのため」だから。そのため、テクニック的施策をすれば検索表示が上がるという簡単なものではなく、検索したユーザーにとって、質の高いコンテンツであるものを上位表示させるために、さまざまなアップデートが繰り返されています。
要するに、「ユーザーにとって良質なコンテンツであり、満足度の高いコンテンツ」を制作することで検索順位の上位を獲得することができるのです。
これらを踏まえて、ブラニューではさまざまな施策を繰り返し、SEO対策のノウハウを蓄積してきました。今回は、検索順位の上位を獲得することができたクライアントサイトで行なったSEO対策の事例を紹介します。

ニッチなキーワードでコンテンツを再編成

千葉県八千代市でハウスクリーニングをされているの有限会社ターフガイド様のサイトリニューアルをさせていただいた際に、代表から「どうせならバンバン集客が欲しい…。」「目立ちたい!」といった要望を受けました。それならGoogleの検索順位で1位を取りましょう!ということで、まず最初に行なったのがキーワードの見直し。狙いたいキーワードの中から、検索数の少ないニッチなキーワード「ハウスメンテナンス」に注目し、コンテンツの再編成を実施しました。

その結果

「ハウスメンテナンス 八千代市」で検索順位1位を獲得。ニッチなキーワードにはライバルサイトが少なく、競合との差別化が図れるため、アクセスが集まりやすくなり、結果的に検索順位の大幅な上昇に繋がったと考えています。今後は、サイトに流入してきたユーザーへさらにアプローチができるよう、PDCAを回しゴールへの近道を開拓していくことが課題となります。

お客様の声を見える化


SEO対策は、あくまでもクライアントのビジネスを拡大していくための施策。そこで、クライアントのコンバーションをアップさせるために行なったのが、お客様アンケートの見える化です。
有限会社サンクス様には工事終了後、施主さんからアンケートを記入していただくよう依頼しました。その後、アンケートをスキャンし、お客様の声としてセクションに追加。直筆の用紙を載せることで信用・信頼を獲得し、さらに、アンケート用紙の一部を抜粋しテキストにすることでSEO対策を行ないました。

その結果

リニューアル前の順位は3位から5位をさまよっていたのですが、リニューアル後は「八千代市 エクステリア」で1位を獲得することができました。これにより、地元である八千代市での依頼が増え、月に1〜2件のお問い合わせに対し受注率が50%になったそうです。今後のコンサルティング計画では、それぞれのページが定めているキーワード全てが1位に表示されるよう取り組んでいきます。

ブログや施工事例の定期的な更新


Googleは、記事の文字数や更新頻度が評価の対象にはならないだろうと発言しています。重要なのは「質」です。とはいえ、何年も更新されていないサイトと、定期的に新しい情報が更新されているサイトであれば、後者に人が集まりますよね。要するに、”質の高いコンテンツが定期的に更新されるサイト”が検索エンジンに好まれるというわけです。これをふまえて、もともとWebサイトの運用意識が高かった、三重県で鉄骨製作をされている株式会社三愛様には、工事名・地名を含めたブログ更新のレクチャーを行ないました。

その結果

「四日市 溶接 鉄骨」で、ブログ記事が1位を獲得。Google Analyticsでユーザーの行動フローを確認したところ、ブログの閲覧数が高く、離脱率も低いため、深いページまで見られていることが分かりました。今後は、ユーザーの信頼度を高めるため、職人、製品、工場といった自社画像を取り入れたリプレイスを行なっていきます。

まとめ

今回は、3社をもとにSEO対策の成功事例を紹介しましたが、目的は検索上位を獲得するためではなく、「クライアントのビジネスをWebサイトによって拡大させること」です。いくら上位に表示されても、事業の役に立てなければ意味がありません。クライアントにとってためになることをコツコツ考えていくことが、結果的にSEO対策に繋がると考えています。これからもブラニューでは、PDCAを行ない今まで以上の効果を発揮できるよう取り組んでいきます。

  • この記事が気に入ったらシェアしよう!
    このエントリーをはてなブックマークに追加
  • CONTACT
    お問い合わせ

RELATED

RANKING

BRANU.MAG

  • SOCIAL
© BRANU.MAG
CLOSE