建設×テクノロジーで産業構造をスマートにするマガジン

読みたくなる「企業ブログの記事タイトル」を付けるための4ステップ

ブログにとって記事タイトルは重要で、検索の結果画面やブログのトップページ、SNSの投稿でも、ほぼブログタイトルのみで読むかどうか判断されます。

逆に言うと、読みたくなるタイトルを付ければそれだけで、読まれる可能性が増えます。そこで今回は、企業ブログの記事タイトルの付け方を紹介していきます。

記事はタイトルから書く!

以前の記事で、企業ブログのネタの出し方を紹介しました。

もう何を書くか悩まない!企業ブログのネタ切れを防ぐ8つのアイデア

ネタが決まったら、記事を書く前に、タイトルを練りましょう。先に本文を書き、その内容からタイトルを付けるという方が多いと思いますが、それだと現実的になり、魅力的なタイトルを付けにくいです。記事の内容という制約がない、最初の段階で読者を惹き付けるタイトルを付けてしまいましょう。以下、そのための4ステップです。

STEP-1/タイトル自動作成サービスで下書き

最初のステップは機械に任せます。ネット上にある無料のタイトル作成サイトを使ってみましょう。試しに「キッチンリフォーム事例」というキーワードからどんなタイトルが出るのか見てみましょう。

◎ブログ作成支援

出典:ブログ作成支援

<生成タイトル>
・これだけは知っておくべきキッチンリフォーム事例を快適にする方法
・前向きに生きるためのキッチンリフォーム事例
・時期が来たのでキッチンリフォーム事例を語ります
・キッチンリフォーム事例がなぜ食べられているのか、そのヒミツを探ってみました
・キッチンリフォーム事例についてみんなが知りたいこと

◎メガトリ

数撃てば当たる式で膨大に出てきます。IT系がメインターゲットのようですが、たまに当たりもあります。

出典:メガトリ

<生成タイトル>
・キッチンリフォーム事例は終わるよ。おじさんがそう望むならね。
・あなたをお呼びしたキッチンリフォーム事例が総額54,906円で完璧に出来たお話
・ネットで見られるキッチンリフォーム事例のまとめ
・知らないヒトは絶対損してる! 5円で遊べる『キッチンリフォーム事例ガイド』
・キッチンリフォーム事例史上、最もはてなブックマークのついたキッチンリフォーム事例 16選

◎オウンドメディア・ブログ記事タイトルメーカー

一番お勧めのサイト。普通に使えそうなタイトルが生成されます。キーワードに加え、「キッチンリフォーム事例+見る」など、消費者の行動を加えることもできます。

出典:オウンドメディア・ブログ記事タイトルメーカー

<生成タイトル>
・キッチンリフォームを手に入れる7つのステップ
・SNS疲れとキッチンリフォーム
・キッチンリフォームきっかけで出来た人脈は人生に役立つか
・キッチンリフォームに反対する人々を説得できるかもしれない7つの方法
・写真でわかるキッチンリフォーム入門

STEP-2/興味を惹いたタイトルを組み合わせる

生成タイトルから、気になるものをピックアップし、組み合わせます。今回は下の3つを選びました。

・キッチンリフォーム事例は終わるよ。おじさんがそう望むならね。
・キッチンリフォーム事例史上、最もはてなブックマークのついたキッチンリフォーム事例 16選
・写真でわかるキッチンリフォーム入門

それを組み合わせて、こんなタイトルを作ってみました。

「史上最高にオシャレなキッチンリフォーム(当社比)の写真がこちら!」

「最高に」の後は、カラフル、高額、個性的なども考えられます。ウソはダメですが、多少の「盛り」は化粧ということで許容範囲です。

STEP-3/クリックされやすい9つのパワーワードをプラス

次に、タイトルに魅力を加えます。アクセス解析の結果などから、クリックされやすいタイトルには以下のような言葉が多いようです。

①ターゲット(例/初心者必見)
②読むメリット(英語が話せる)
③数字(1週間で、5選)
④まとめ感(一覧、全公開)
⑤簡単そう(無料、初めてでもOK)
⑥インパクトの強い言葉(圧倒的、究極の)
⑦権威(医学博士が教える、一級建築士考案)
⑧常識外の言葉(寝るだけで副業に)
⑨呼びかけ(知ってますか?、大丈夫?)

すべて入れるのではなく、魅力的になりそうで本文に書けるものを入れます。さきほどの例には⑥と⑨が入っています。

③数字を入れると
「史上最高にオシャレなキッチンリフォーム(当社比)の写真ベスト3がこちら!」

①ターゲットと④まとめ感を入れると
「リフォーム未経験者のための、キッチンのデザインテイスト総まとめ」

など、さまざまな切り口が考えられます。

■STEP-4/SEO目線でチェック

最後にSEO対策として、検索順が上がりやすいかチェックします。

①検索件数の多いワードを使う
②文字数は24~28文字以内に
③重要キーワードはなるべく前に
④独自性があると評価高し

①は例えば、リフォーム 改装 修繕 のどれが検索数が多いのかをチェックすることです。

リスティング広告を出稿している場合は「Googleキーワードプランナー」を使いましょう

出典:Googleキーワードプランナー

未出稿であれば「aramakijake.jp」で検索数がわかります。

出典:aramakijake.jp

ちなみに月間推定検索数は、
リフォーム=Yahoo!(Y)81,400、Google(G)66,600
改装=Y2,640、G2,160
修繕=Y4,840、G3,960 でした。

まとめ

タイトルが決まったら、後はそのタイトルに負けないような本文を書きます。タイトルを考える過程で内容もある程度は想像できている状態だと思いますので、楽しんで書いてみてください。

建設業を中心に3000社以上の実績!

Webを使った集客のことならブラニューへ

ホームページ作成や運用といった基礎的なことから、広告運用、人材採用、PR動画作成までWebを使った集客のことなら建設業を中心に3,000社以上のコンサルティング実績のあるブラニューへご相談ください。

相談する

Original

  • CONTACT
    お問い合わせはこちら >
  • RELATED