建設×テクノロジーで産業構造をスマートにするマガジン
RANKING
TAG

PRから業務効率化まで!建設業界でのドローン活用術

最近、テレビ番組で上空から撮影した映像が増えているのにお気付きでしょうか。ドローンによる空撮のコストが下がり、以前より気軽に使えるようになっているのです。幅広いビジネスに活用が期待され、建設業界でも活用が始まっています。あなたの会社でもドローン活用、考えてみませんか?

ドローンとは?

ドローン(drone)とは、オス蜂や無人飛行機のことです。現在では、遠隔操作する小型の無人ヘリコプターを主に指します。
もともと軍事用として開発され、偵察や物資運搬などに使われていました。それが最近になってバッテリーの小型化や通信機器の進化で民間でも活用が広がっています。

ドローンのビジネスへ活用

テレビや映画等での空撮以外にも、以前から農薬散布などで使われてきました。消費者向けというより、ビジネス利用が多いのが特徴です。

<ドローンのビジネス活用分野>

・地形や環境の問題で簡単に人が立ち入れない場所の空撮
・上空からの監視・警備
・工場や倉庫内での在庫管理
・不動産物件探しのための撮影
・空を使った荷物の配送

出典:経済産業省|戦略分野の検討「安全に移動する」(討議資料)

建設業界でのドローン活用事例

建設業界でもドローンの活用が徐々に始まっています。

ドローン空撮による測量


人による測量に比べ、圧倒的に短時間で可能なドローン測量。上空から空撮した写真を専用の画像加工ソフトに取り込むことで、2Dの平面図や断面図はもちろん、3D図面やイメージパースの作成まで可能です。穴を埋めるのに必要な土の量の算出なども可能です。国もドローン測量に注目し、マニュアル(※1)まで作成しています。
※1国土交通省|国土地理院|無人航空機(UAV)を用いた公共測量

ドローン空撮による工事進捗確認

▲11月5日

▲12月15日
出典:新潟県胎内市|体育館棟建築工事進捗状況について

工事現場を定期的にドローンで空撮し、その動画を解析することで工事の進捗状況を確認します。公共事業などでもドローンを活用している事例があります。たとえば、新潟県胎内市の体育館建設工事では、工事進捗状況の記録を求められ、ドローン空撮で定点観測が行なわれました。近隣に高い建物もない場所でも、雪深いような場所でも、ドローンなら上空からの撮影が可能です。

ドローン空撮による建設物や高所の安全点検

出典:竹中工務店|吹田市立スタジアム作業所でマルチコプターを活用した管理業務を実践

高層ビル、橋梁、トンネルなどの巨大建設物に対して、足場を組んだりクレーンを使ったりすることなく、ドローンで空撮することで、安全点検が可能です。たとえばJリーグ、ガンバ大阪のホームスタジアムである市立吹田サッカースタジアムの工事現場で、竹中工務店は品質管理や安全管理にドローン空撮を活用。高所のような施工管理者が即座に行けない場所や夜間にもドローンが活躍しました。

赤外線ドローン空撮による建物の劣化調査

コンクリートの劣化を確認するために、赤外線サーモグラフィカメラを搭載したドローンで空撮し、そのデータを解析します。壁に亀裂や浮きがあるとそこだけ温度が変わるので、赤外線サーモグラフィを通した映像で劣化が判定できます。屋根に設置された太陽光発電パネルの点検にも同じ方法が用いられます。

ドローン空撮でプロモーション動画を華やかに

ダムの放流の模様を空撮


今や大型建築物の現場確認、プロモーション用撮影にドローンは欠かせません。巨大な建造物や面積の広い場所は空撮映えします。

新築やリフォーム物件の動画プロモーション素材撮影


広島県にある建設会社のプロモーション用動画。屋外だけではなく、室内もドローンで撮影しています。実際に顧客が見て歩くように動画を進めていけるので、臨場感を出すことができます。

足場工事業者のプロモーション動画撮影

愛知県の足場工事会社の動画です。足場のように高所の作業を撮影する際はドローンが最適です。施主への確認動画として、プロモーション動画として活用できます。そして、建設業界の人材不足が問題視されるなか、インパクトの強いリクルート動画としても活用できます。

ドローンを利用する際の注意

活用の夢が広がりますが、ドローンは重量が200g以上のものは航空法によって規制を受けます。下記の点に注意が必要です。

1)飛行許可が必要な空域がある

出典:国土交通省|無人航空機(ドローン、ラジコン機等)の飛行ルール(※下の図も同様)

特には都市部や住宅街はほぼ「人口集中地位の上空」に該当しますので、気軽に家の周りで飛ばすといったことは法律違反です。

2)飛行の方法によっても許可が必要な場合がある

空域に問題なくても、飛行状況によっては許可が必要になる場合があります。特に人や建物などから30m未満の飛行には注意が必要です。
他にも、私有地での飛行には許可が必要など、ドローンは事前の飛行許可が欠かせません。違反すると書類送検や罰金刑を課せられる場合もあります。

3)空撮はカメラ品質にも注意

プロモーションにせよ、現場確認にせよ、ドローンは空撮に使われることが多いもの。その場合はカメラ搭載の空撮用ドローンになります。カメラの質によって差が出ますので、高画質で手ぶれ補正性能が高いものを選びます。

まとめ

ドローンは建設業にとってメリットの多い新技術です。しかし飛行許可や撮影許可が必要なことなど規制があり、運用には高度なノウハウも必要です。まず一度プロに頼んで、可能性の大きさを試してみてください。

 

  • この記事が気に入ったらシェアしよう!
    このエントリーをはてなブックマークに追加
  • CONTACT
    お問い合わせ

RELATED

RANKING

BRANU.MAG

  • SOCIAL
© BRANU.MAG
CLOSE