建設×テクノロジーで産業構造をスマートにするマガジン
RANKING
TAG

お金をかけなくてもWebサイト分析はでここまでできる!使える無料分析ツールまとめ

Webサイトマーケティングの肝は分析にある

10年ほど前、広告・マーケティングは新聞や雑誌、DMなどの紙メディアとテレビ、ラジオが中心でした。何か施策を打っても、効果測定はあいまいで、改善策も立てにくいという課題がありました。

しかし、Webマーケティングの時代になり、効果が数字で表されるようになりました。数字を元に施策を練り、改善策を考えることができます。

そのための強い味方がサイト分析ツール。ネット上には有料無料さまざまなツールがあります。この記事では比較的簡単に使えて、基本的には無料で使える便利なツールを紹介します。それぞれ、何ができるのか、その結果をどう使うのか、解説していきます。

サイト分析の必須ツール「Googleアナリティクス」

Googleアナリティクス

サイト分析と言えば、真っ先に挙がるのが「Googleアナリティクス」。Googleのアカウントを持ち、サイトの各ページにタグを入れれば、無料(※)で高度な分析が可能です。

※サイトごとに月1000万ヒット(アクセスのようなもの)を超えると有料版へのアップグレードか、アクセスのうちの一部が表示される形に変わってします可能性があります。

全機能を使いこなすのは無理と断言できるほど多機能・高機能なので、主にどんなことがわかるのかを紹介します。

・今日(先月、1月1日から今日まで、直近の3年間など)何人の人がサイトを見たのか?
・なにをきっかけにアクセスしたのか? 検索か、リンクやブックマークか、SNSか?
・検索で来た人はどんなキーワードでアクセスしてきたのか?
・コンテンツの人気ランキングはどうなっているか?
・アクセスしたユーザーは平均何ページぐらい、平均何分ぐらい見ているのか?
・ユーザーはどこの地域の人が多いのか?
・パソコン、タブレット、スマホのどれからアクセスしている人が多いのか?
・各SNSから何人ぐらいアクセスしてきているのか?
・どのページに最初にアクセスし、そこからどう見て回っているのか?
・設定したコンバージョン(問い合わせ、ホワイトペーパーのダウンロード、購入ボタンなど)した人の数は?

Googleアナリティクスではさらに、簡単な操作で複数の条件を指定して集計ができます。「スマホからアクセスしてきた人で、関東地方の人に、人気のコンテンツは何か?」といったより条件をセグメントした解析が可能になります。

アラート機能も便利です。「Facebookからのアクセスが1日1000を超えたらメール通知」、「関西からのアクセスが10%以上増えたらメール通知」といった通知を設定することが可能です。これなら毎日細かく数値を追っていなくても安心です。

ユーザーの疑問がわかる「グーグルサジェスト キーワード一括DLツール」

Googleサジェストキーワード一括DLツール

コンテンツをつくる際、どういう切り口か迷うことがあると思います。それは「Googleサジェストキーワード一括DLツール」で解決しましょう。Googleサジェストとは、Google検索でキーワードを入れると下に出てくる文字の並びのことです。

▲Googleサジェスト例(一部)

これらは「どんなキーワードの組み合わせで検索されているか?」を表しています。つまり「検索する人がどんな疑問を持っているのか?」ということです。その疑問に答えていくことが、ユーザーのためになり、SEO上もポイントが高くなります。コンテンツの方向性に迷ったら、読者のGoogleサジェストを参考にしましょう。

Googleの検索画面上では5つしか表示されません。それを何百と取得できるのが「グーグルサジェスト キーワード一括DLツール」です。そのツールだと、

こんな形で、何百と出てきます。キーワードによって出てくる個数は違い、「建設業界」の場合は600近く出てきました。しかも、CSVでダウンロードもできますので、グルーピングといった加工もできます。

見たところ、建設業界は「人材不足」「働きやすい職場へ」「最新動向」といった方向性に興味を持つ人が多いようです。

記事の構成のための共起語抽出ツール「LSI調査」

LSI調査

コンテンツの方向性が決まったら、今度は「どんな内容を入れたらいいのか」で迷うこともあると思います。その課題は分析ツールで「共起語」を抽出して解決しましょう。

共起語とはSEO専門家の造語で、関連用語に近い意味です。あるキーワードを説明する場合、一緒に書かれることが多い言葉のことです。「リフォーム」に対する「デザイン」や「水まわり」などが挙げられます。

一般的に共起語は、狙うキーワードを入力した場合のGoogle検索の結果が上位のサイトに何が書いてあるかでチェックします。自分で見ていくことももちろんですが、共起語抽出ツールも使えます。

たとえば無料ツールの「LSI調査」では、Googleの検索結果1~10位のサイトから文章を抽出し、出てきた単語をランキングで並べてくれます。「建設業界」を調べてみると、こんな結果になりました。

出現数:177 建設業界
出現数:76 転職
出現数:53 業界
出現数:48 建設業
出現数:39 現状
出現数:39 動向
出現数:39 ゼネコン
出現数:37 年収
出現数:32 工事
出現数:29 兆円
出現数:28 東急建設
出現数:28 シェア
出現数:27 年度
(以下略)

これらと上のGoogleサジェストで出てきたトピックをコンテンツに盛り込むことで、検索上位表示を狙います。その際、無理矢理に単語だけを入れるのは逆効果になることがあります。きちんと説明も入れ、できれば共起語については詳しい解説が掲載されたページへのリンクを載せるとSEO上ポイントが高いと言われています。

共起語抽出ツールは「LSI調査」以外にも数多くあります。ツールによって検索上位何位までのサイトを対象にするかが異なり、結果も異なります。個人的にはこの「LSI調査」が使えると思っていますが、他のツールも無料のものがほとんどなので、試してみてください。

検索順位をチェックできるツール「GRC」

GRC/SEOツールラボ

SEOを考えてコンテンツを制作したら、次は実際の順位変化が気になります。それをチェックするのが、検索順位チェックツールです。GoogleやYahoo!、Bingという検索サイトでの検索結果順位を調べてくれます。無料のツールは調べるごとに対象ページのアドレスや対象キーワードを入力するものが多いのですが、それだと記録しておくのが面倒です。

お勧めは「GRC/SEOツールラボ」。設定が簡単で、調査結果を保存でき、順位変化がグラフでも確認できます。無料版は、ページ(サイト全体でも可)が3つまで、キーワードが合計20個まで、データ保存期間が3カ月までという制限があります。しかし入門編の入り口としては充分です。

力を入れたページ、今後狙っていきたいキーワードなどを登録して定期的に確認しましょう。役立つを感じた場合には、有料版(年4860円~)にアップグレードすれば良いと思います。何か施策をして順位が上がるのは仕事のモチベーションアップにつながります。

競合サイトの分析ならChromeの機能拡張「SililarWeb」

SimilarWeb/Google Chromeウェブストア
※ブラウザがGoogle Chromeでないと使用できません

会議や打ち合せで「競合はどうなってるの?」という疑問がよく出てくると思います。Webマーケティングでは、PV(ページビュー=アクセス数)や流入経路(検索かブックマークかSNSか)、流入キーワードなどが対象になることが多いでしょうか。なかなか外部からはわかりにくい情報ばかりですが、その目安がわかるのが「SimilarWeb(シミラーウェブ)」。Webブラウザでシェアトップ「Google Chrome」の機能拡張です。追加したら、競合のサイトにアクセスしてボタンを押してみましょう。こんな画面が現れます。

月間アクセス数、平均アクセスページ数、平均アクセス時間、流入検索キーワードなどがわかります。月間10億ページを分析するクローラーなど、1000を超える情報ソースを使って分析しているそうです。データは完全に信頼できるわけではありませんが、大まかに競合サイトの情報を調べることができて、たいへん便利です。

ユーザーの動きがわかるヒートマップツール「User Heat」

User Heat
サイトのアクセス、CV(コンバージョン)が思ったほど伸びないという場合があります。書かれている内容やUI(ユーザーインターフェース、見た目・デザイン)のチェックを行なう方が多いでしょう。プラスして、ページが訪問してきた人にとって使いにくくないか、サイトのUX(ユーザーエクスペリエンス)を「ヒートマップ」で分析してみてください。

たとえば「User Heat」なら、訪問者がページのどこの部分を熟読したか、どこまで読んだか、どこをクリックしたか(上の写真)など、分析結果を直感的にわかるビジュアルで教えてくれます。その結果を見ながら、内容の順番を変えたり、ボタンの位置を変更したりという改善を施します。

パソコンとスマホ、タブレットの各デバイスに対応可能で、月間30万PVまで無料です。

ページ読み込みスピード判定ツール「PageSpeed Insights」

PageSpeed Insights/Google Developers

SEO上、意外とマイナスになるのが、ページの読み込みスピードです。せっかくアクセスしてもらっても、すぐ離脱となってしまうデメリットもあります。それをチェックできるのが、「ページ読み込みスピード判定ツール」です。

これはGoogleの「PageSpeed Insights」がお勧めです。ページの読み込みスピードやUX上の問題を細かくチェックし、修正方法も提示してくれます。「○○の画像を圧縮するとサイズを△%削減できます」や「レンダリングをブロックする JavaScript を除去してください」といった具体的な指示です。パソコンとスマホの両方で確認できるのも便利です。

まとめ

主な無料でも使える分析ツールを紹介してきました。こんな流れで使ってみてはいかがでしょうか?

習慣的に「Googleアナリティクス」でサイトの状態をチェックしておきます。
新しいコンテンツをつくるときには、「Googleサジェストキーワード一括DLツール」で、そのコンテンツの目指すキーワードがどういう疑問から検索されているかをチェックし、それに応える内容を考えます。
LSI調査」で共起語を抽出し、どういう内容を入れると検索上位を目指せるかを確認します。
新コンテンツ公開後は「GRC」で、検索順位を毎日記録し続けます。
順位が急に下がったりした場合は、原因を探っていきます。まず検索結果画面を見て、サイトの並びを見ていきます。
SimilarWeb」で競合の状況をチェックしたり、
UXを調べるために「User Heat」のヒートマップでサイト閲覧状況を見たり、
PageSpeed Insights」でアクセスに負荷がかかっていないかなどを確認したりします。

そして、改善すべき点をリストアップし、対策を考えて、PDCAを回していきます。これがすべて無料でもある程度まではできるのが、Webマーケティング時代の特徴です。無料で手軽に始められるだけに、やるかやらないかで大きな格差が生まれてしまいます。まず、ダウンロードや登録からはじめてみてください。

  • この記事が気に入ったらシェアしよう!
    このエントリーをはてなブックマークに追加
  • CONTACT
    お問い合わせ

RELATED

RANKING

BRANU.MAG

  • SOCIAL
© BRANU.MAG
CLOSE